脱サラ起業の相談・サポート支援なら安川法務事務所へ

福岡・久留米・佐賀での会社設立・起業・開業のご相談は行政書士 安川法務事務所まで
      メールで相談する

脱サラ起業の相談・サポート支援なら安川法務事務所へ
トップページ > 起業サポート > 脱サラ起業の心構え

脱サラ起業の心構えと成功へのポイント!


さて、前のページでは脱サラ起業する際の主に退職時についての注意点などを挙げました。
前のページはこちら
ここでは主に起業、開業時から経営を始められるに当たっての心構えや注意点について挙げていきます。
  • 脱サラ起業の成功へ向けて

    【経営者の仕事】
    さて、脱サラ起業をすれば今度はあなたが経営者ですね。 サラリーをもらっていた頃とは完全に逆の立場となります。
    経営者は、営業はもちろんのこと、総務・経理・財務・人事・労務・法務その他のことも基本的には
    全て自分が担当であり、同時に責任者となります。これが簡単なことでないことは言うまでもありません。
    ここがサラリーマンのときとは最も大きく異なる点です。
    いずれ専門知識のある従業員を雇えばそれらの仕事は任せられるようになるのでしょうが、
    最初のうちはそうも言ってられません。
    かといって、全てを一から勉強するなんてことはまず困難です。他にやるべきことが山ほどあるからです。
    実際、売上を生み出すための運営や営業活動だけでもかなりの仕事量になると思いますし、
    起業して間もない多くの経営者はどうしてもそこだけに意識が行ってしまいがちとなるのも事実です。
    なので、これら事業上の業務を全てを自分でやろうとするとパンクしてしまい、
    結果的に全部が中途半端となって気付かぬうちに後述するような落とし穴に落ちてしまうことがあります。

    【経営者の責任】
    経営者が全ての面で責任者となることはお分かりだと思いますが、もう少し深い話をしますと、法律上、経営者は個人事業主であれば「無限責任」、株式会社や合同会社を設立した場合だと「有限責任」というものを負うことになります。
    この「○○責任」、簡単に説明しますと、例えば事業を廃業・倒産させてしまった場合に、「無限責任」は、事業上の借金などは個人財産を全て売り払ってでも責任を負わなければならないというもので、一方「有限責任」は、最初に支払った資本金の分だけ責任を負いなさいというようなものです。
    とは言っても、法人でも借入をする場合などには経営者自身が個人的に連帯保証人となりますので、
    この場合は「無限責任」と同様の責任を負うことになります。
    いずれにしても、経営者の仕事量と責任はサラリーマンのそれと比べるととても重いものとなってくるのです。

    【陥りやすい落とし穴】
    さて、先ほど、全てを自分でやろうとするとパンクして気付かぬうちに落とし穴に落ちると述べましたが、
    多くの経営者が、前述の仕事の多さなどから陥りやすい落とし穴として次のようなものがあります。
     ①届出義務違反等による法令違反(届出しないといけないことを知らなかった等)
     ②経費や税金等の過剰支払い(その分野の知識が薄いため対策ができておらず、節約節税が出来てない等)
     ③資金繰りの悪化(売上だけを意識し過ぎて、お金の出入りを中長期的、計画的に見ていなかった等)
     ④取引相手からの詐欺等(契約書の不備に気付けなかったり、そもそも契約書を交わさなかった等)
     ⑤採用時や雇用後の従業員トラブル(労基法を知らなかったり、労務対策を打ってなかった等)

    「うちは大丈夫!」と思われるかもしれませんが、これらは、実際に多くの経営者から相談を受けたものです。
    開業早々にこんな落とし穴に落ちてしまっては、事業を軌道に乗せるなんてことは到底困難となってきますし、
    前述の経営者の責任もありますから、そうそう落とし穴に落ちて事業を危機にさらすわけにもいきません。
    では、このように最初から躓かない為には、何をどうすればよいのでしょうか?

    【頼れる存在を作る】
    ここまで脱サラ起業の成功のための話をしてきましたが、もし1年やそこらでで事業が終わってしまっては
    とても脱サラ起業が成功したとは言えません。
    ある意味脱サラ起業というのは少しの勇気と数万円さえあれば誰にでも出来てしまうことです。
    しかし、脱サラしてその商売や会社を軌道に乗せ、3年、5年、10年と永く続けて行くことは
    決して誰もができることではなく、周りの支えと経営者としての成長があって初めて成せるものだと思います。
    ここは成功の上でのとても重要なポイントです。
    いつの時代も成功者と呼ばれる人のそばには、必ず「右腕」「ブレーン」「軍師」「顧問」「相談役」
    「パートナー」などと呼ばれるような重要な人物の存在がありました。
    極力落とし穴を回避し、脱サラ起業を成功させる秘訣。
    それは、そのような人と出会い、経営者としての自分をより成長させることにあります。
    実のところ、国からの発表では、多くの起業者が数年持たずに廃業されているというデータがあります。
    その中には黒字経営にも関わらず倒産してしまったところも少なくありません。
    もし、このことを「えっ?黒字なのになんで?」という方は、あえて厳しい言い方をさせていただくなら、経営についてはまだかなりの勉強不足だと言えます。脱サラ起業されるなら、なおさらのこと必ず経営に詳しい方をそばにおいて下さい。
    脱サラするということは、おそらく経営者となられるのは初めてでしょうから、
    当然に分からないことや不安も決して少なくはないと思います。それが普通です。
    ですが、自分の家族はもちろん、従業員をも守る義務が生まれます。
    そして、よく経営者は孤独だと言われます。ですから、それらを助けてくれる、支えてくれる人を見つけて下さい。

    【専門家の選び方】
    あなたに経営の師匠と呼べるような頼れる存在や脱サラをサポート支援してくれるような専門家が
    もし身近にいないのであれば、まずは話の合いそうな行政書士を探してみると良いかもしれません。
    これは営業で言っているわけではありません。
    行政書士、司法書士、税理士、社会保険労務士、弁護士など士業と呼ばれる専門家がたくさんいますが、
    脱サラして個人開業や会社の設立をする場合、まず始めに頼るべき専門家は行政書士となります。
    なぜなら、最初に必要となる営業許可や会社設立のための定款作成などは行政書士の仕事だからです。
    行政書士が行なった仕事の後に、初めて会社設立登記の司法書士や開業届、青色申告届などの税理士、
    社会保険や労働保険加入手続きの社会保険労務士が必要となります。
    そして、行政書士事務所の中には依頼人の利便性を第一に考え、
    それら全ての専門家と提携してワンストップで対応してくれる一歩進んだところも多くあります。
    したがって、最初に良い行政書士を見つけられれば、あとがとても楽になりますし、
    事業スタート後も安心して経営に専念できるバックアップ体制が整います。
    さらには、創業時の資金調達や青色申告のための会計帳簿作成、
    人の採用や経営支援にまで精通した行政書士もいますので、
    そうなれば事業経営の良きパートナーとして長期にわたり頼っていただいても良いと思います。

    【ホームページ(ウェブサイト)には年齢がある?】
    起業して会社を設立したり、お店を出したりすれば、当然ながらお客様を獲得しなければなりません。
    いわゆる「営業活動」が必要となりますよね。ここには宣伝や告知活動も含まれます。
    営業には色々な方法があると思いますが、自社自店のホームページ(ウェブサイト)を作り、多くの方が見れるインターネット上に公開するのも営業(宣伝・告知)活動です。
    実際、私はこのホームページによって福岡にいながら全国の方々から多くのご依頼等をいただいております。
    仮にホームページでの集客を目指さない場合であっても、現在では、名刺交換をして帰った後に相手のホームページをチェックする、ある会社・お店の商品やサービスを購入しようとする際、そこに行こうとする際にそのホームページをチェックするなどの活用が当たり前に行われています。
    したがって、ホームページが有るのと無いのとでは結果が変わってくることも少なくありません。
    もちろん起業される業種、エリア、対象の顧客層などによっても変わりますが、先ほどのような事例からも最低限名刺代わりとして、基本的には作成されることを私はおススメしています。
    気になる制作料金はピンキリですが、今では5万円程度でも十分立派なものが出来上がります。
    決して、「月あたり1万円ですよ!(実は84回払いとか)」などと言って、開業直後にどこからともなく掛かってくるホームページ制作の電話営業に簡単には乗せられない様にしてください。
    (契約後に苦しまれている方を数人知っています。弁護士を紹介しました。もちろん、なかにはとても良いものもありますが、全てがそうではありませんのでご注意を。)
    さて、少し話がそれましたが、
    このホームページを名刺代わりなどではなく、積極的な集客のツールにしようとするなら、「SEO」と呼ばれる対策を施す必要が出てきます。ただ作るだけでは戦えません。
    SEO対策とは、簡単に言えば、googleやyahooなどで検索されたときに、あなたのホームページを多くの人に見てもらう(上位に出てくる)ための対策です。
    対策には色々あり、とてもここで語りつくせる内容ではないので割愛しますが、脱サラ起業前の準備として有効なSEO対策の一つである「ドメインエイジ」というものには触れておく必要があると思います。
    「ドメインエイジ」とは、簡単に言えば、ホームページの年齢です。
    ホームページには年齢があって、年齢が高いほどSEO効果が上がることになっています。
    例えば、開業して落ち着いてからホームページを出したカフェと、開業前から準備して半年前に既にホームページを出していたカフェとでは、ドメインエイジ以外の要素が同等だった場合、早く出していた分だけインターネット上では大きなアドバンテージが生まれます。
    つまり、開業前からホームページ(ウェブサイト)制作に取り掛かり、極論、未完成度でもよいのでなるべく早くインターネット上に公開することで有利になるということです。
    ホームページは、よく「24時間年中無休で働いてくれる営業マン」と言われることがありますが、この営業マンを早く採用(制作・公開)して、教育(更新・メンテナンス)し続けることでとても優秀な戦力に育ちます。

    【「経費」と「投資」を見分ける!】
    さて、経営者は、出費をする際には、それが「経費」なのか「投資」なのかを見分けることが大事になってきます。
    たとえば、起業の手続きにあたり、時折、専門家を頼らずに全て自分でやってみるという考えの方もいらっしゃいます。
    決して悪いことではないのですが、優先度を考えるとその方法が一番だとは言い難いところです。
    なぜなら、開業時の手続きや会社設立は基本的には始めの一回限りのものですから、
    書類の書き方や手続きの仕方を覚えておく必要はほぼ無いと思いますし、
    作業は専門家に依頼して、業務の流れやポイントだけを習えばそれで十分だからです。
    また、頼った専門家が持っている広い人脈があなたの商売に寄与することも多々あります。
    もちろん、自分でやれば最初の費用は抑えられますが、あとで「えっ!あの時そうしてた方が得だったの?」と、結果的に損をされている方のケースはよく目や耳にします。
    これから経営者になろうとしているわけですから、この専門家の件に関わらず、多少の出費は事業の将来や
    ご自分の成長への先行投資だと割り切る覚悟も必要です。
    また、場合によっては時間や効率をお金で買うという考え方も必要となってきます。
    どうしても急がなければいけない時や具合の悪い時など、割安のバスや電車ではなく、タクシーを使いますよね。
    もちろん無駄な経費は積極的に削っていくべきですが、投資などの良いお金の使い方をすれば、必ずリターンが生まれるものです。
    投資をしなければ、事業の成長はありませんし、それどころか次第に衰退していくのです。
    常に流れている水は腐りませんが、溜まっているだけの水はどんどん腐っていきます。
    事業経営もこれと似たようなところがあると思います。

    【おわりに・・・】
    さて、最後までお読みいただき有難う御座いました。少しはお役に立てましたでしょうか?
    当事務所では、脱サラして新たに起業しようという方に対して、
    専門的に色々とアドバイスやサポートをさせて頂いております。
    いくら本やサイトで知識を収集しても、実際に起業しようとすると様々な疑問点や悩みにぶつかります。
    そんなときにいつでも相談できるパートナーとして、またロケットスタートを切るためのコンサルタントとして
    下の「サラ起業相談所」をご利用いただけますととても嬉しく思います。
    あなたが、「脱サラして本当に良かった!」と言える日が来ること、そして、あなたの勇気あるご決断の結果、
    何よりあなたを含めたご家族や周りの方々がより幸せとなられますことを心より願っております。

  • 全国対応 土日祝、夜間も対応中!

    お電話 0946-42-0496
    メールはこちらからどうぞ
    行政書士 安川法務事務所では、
    脱サラのご相談から法人設立や資金調達、営業許可の取得、人の採用や青色申告のための会計帳簿作成まで、 幅広い分野でサポートさせていただき、長くあなたの良きパートナーとなることを目指しております。
    退職の前後、開業の前後など時期は問いませんし、外国人の方も歓迎致します。
    どうぞ遠慮なくご相談ください。