福岡 行政書士 会社設立 飲食店開業

福岡・久留米・佐賀での会社設立・起業・開業のご相談は行政書士 安川法務事務所まで
      メールで相談する

福岡・久留米・佐賀での酒類販売業免許申請なら安川法務事務所
トップページ > 許可・免許など > 酒類販売業免許申請サポート

福岡・久留米・佐賀 | 酒類販売業免許申請サポート

当事務所では、酒類販売の免許申請に関するサポートを行なっております。
元 人事部長(管理本部長)そして現在、起業経営支援の専門家でもある行政書士に、法人の設立から
酒類販売免許の申請、そして事業開始後の会計処理から決算に至るまで全てお任せいただくこともできますが、
ここでは、酒類販売免許申請を自分でやってみようかなという方の為に、
酒類販売免許の申請についての情報を記載しています。
  • 酒類販売業免許申請と酒販業開業について

    【酒類販売業の免許の種類について】
    酒類販売業の免許にはいくつかの種類があり、酒販事業を行なうのに必要な免許を取得しなければなりません。

    主には次のようなものがあります。
     ・一般酒類小売業免許
     ・ビール卸売業免許
     ・通信販売酒類小売業免許
     ・輸出入酒類卸売業免許
    これら以外にも特殊な酒販免許がありますので、取り扱うお酒が何なのか、
    販売形態がどのような形になるのかなどをしっかり整理したうえで、どの免許が必要なのかを確認します。

    【酒類販売業免許を取得するための要件】
    当然ながら免許は誰にでも下りるものではなく、取得できるための要件が定められています。
    小売販売なのか卸売販売なのかなど免許の種類によって多少変わってきますが、
    要件の主なものとして次のようなものがあります。
     ・申請者やその会社の役員が規定されている欠格要件に該当していないか等の人的要件
     ・申請する販売場が規定の要件を満たしているか等の場所的要件
     ・申請者の酒類販売に関する知識や事業経営能力が備わっているか等の経営基礎的要件
     ・申請者が十分な資金を有しているか等の財務的要件
     ・免許を申請するにあたり、事業の実態を証明するために必要な書類を収集できるか等の書類的要件
     ・申請者の需要と供給の調整上問題が無いか等の需給調整要件
    これらのうち一つでも満たしていないものがある場合は、申請する前に一つずつクリアしていきます。

    【申請先について】
    酒類販売の免許を申請する先は、販売場(倉庫や事務所等)の所在地を管轄する税務署となっています。
    申請にあたっては、申請書類をいきなり持って行くのではなく、事前に管轄の税務署へ出向き、
    酒税指導官と事前に打ち合わせを行ないます。
    ここで、申請しようとする免許が間違いないか、必要となる書類は何か、
    その他、例えばローカルルールのようなものが無いのかなどを確認してから申請の準備に入ります。

    【申請に必要となる書類について】
    先ほど、申請に必要な書類は酒税指導官に確認したほうが良いことを述べましたが、
    参考までにどんなものが必要となるのか記載しておきます。
    免許の種類や申請者の形態などによって要不要がありますのでご注意ください。
     ・酒類販売業免許申請書
     ・販売場の敷地の状況を記載したもの
     ・建物等の配置図
     ・事業の概要等を記載したもの
     ・事業収支の見込み等を記載したもの
     ・所要資金の額及び調達方法等を記載したもの
     ・酒類の販売管理の方法に関する取組計画書
     ・免許申請書チェック表
     ・酒類販売業の免許申請誓約書
     ・法人の履歴事項全部証明書
     ・定款の写し
     ・住民票の写し
     ・申請者及び役員全員の履歴書
     ・土地及び建物の賃貸借契約書等の写し
     ・土地及び建物の全部事項証明書
     ・最終事業年度以前3事業年度分の財務諸表
     ・都道府県及び市区町村が発行する納税証明書
     ・預金残高証明書など所要資金を証明するもの
     ・仕入先及び販売先との取引契約書等
     ・外国語の場合は日本語へ翻訳したもの
     ・ホームページ等の内容が分かるもの
     ・酒類販売管理研修の修了証

    【免許取得にかかる費用】
    酒類販売の免許を取得するには、登録免許税を支払う必要があります。
    これは、ご自身で手続きしようが、我々のような専門家に頼もうが必ずかかってくる費用です。
    基本的に、酒販免許が小売免許であれば3万円、卸売免許であれば9万円の登録免許税となっています。
    免許付与時に支払うことになりますので、お酒の先行仕入れなどで資金を使い切らないよう注意して下さい。
    また、株式会社や合同会社などの法人を設立する場合、
    それらも含めて酒類販売の免許申請手続きを我々行政書士に依頼する場合、
    そのほか開業時の各種税務届を税理士に依頼する場合や
    社会保険の加入手続きを社会保険労務士に依頼する場合などはその内容に応じて別途費用が必要となります。
    免許申請では、お酒を仕入れる資金を所有しているか等も審査の対象となっていますので、
    事業開始後の資金計画はもちろんですが、事業を始める前もしっかり考えておかないと
    途中で非常に困ることになりますので注意して下さい。

    【酒類販売免許取得までの期間】
    脱サラなどして酒販事業を始めようという方は、事業を始めるまでは(免許を取得してお酒を売るまでは)
    収入がストップしてしまうわけですから特に気になるところだと思います。
    まず、酒類販売の申請に対する税務署の審査期間は2ヶ月間とされています。
    そして、その前に、必要な書類の収集や作成、酒類販売管理研修の申し込みや受講などを行なうわけですから
    、これらの期間も含めると少なくとも3ヶ月はかかるものと考えて下さい。
    また、うまくやれば上記と同時進行も可能ですが、法人を設立する場合などはその期間も必要です。
    なお、脱サラする前でも会社は設立することができますし、必要な書類収集、管理研修の受講も可能です。
    3ヶ月が長すぎるという方は早いうちから計画的に準備を進めましょう。

    【宣伝】
    当事務所では、主に福岡・久留米・佐賀地区での酒類販売免許申請をお手伝いさせて頂いております。
    その他にも株式会社や合同会社などの法人設立、設立後に必要な税務や社会保険の手続きサポート、
    事業開始後の会計業務代行や法務顧問に至るまで多くの事業者様に頼っていただいており、
    事業経営上必要なことは何なりとお任せいただけます。
    当事務所のサポートサービスを通じてお力となれましたらとても嬉しく思います。

  • 酒類販売業の免許を申請致します。土日祝、夜間も対応中!

    当社では、酒類販売業の免許申請に関するサポートを行っております。
    個人事業主や外国人の申請、会社設立との同時申請、
    飲食店開業等と一緒に行いたい場合など、様々なケースに
    対応しておりますので、ぜひ安心してお任せください。

    電話で問い合わせる
    【0946‐42‐0496】へお電話ください。

    メールで問い合わせる
    お手数ですが、こちらからご入力をお願い致します。

  • 業務対応地域(車で1時間未満のエリアを掲載しています。)

    (都道府県)
    福岡県、佐賀県、大分県、熊本県

    (福岡県市区町村)
    朝倉郡筑前町、筑紫野市、太宰府市、小郡市、三井郡大刀洗町、朝倉市、
    大野城市、春日市、福岡市南区、筑紫郡那珂川町、久留米市、うきは市、嘉穂郡桂川町、糟屋郡宇美町、糟屋郡須恵町、
    福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市城南区、福岡市早良区、三潴郡大木町、筑後市、八女市、八女郡広川町、
    朝倉郡東峰村、嘉麻市、田川郡添田町、田川郡糸田町、田川郡川崎町、田川郡大任町、飯塚市、糟屋郡志免町、
    糟屋郡粕屋町、糟屋郡篠栗町、糟屋郡久山町、福岡市東区、
    福岡市西区、糸島市、大川市、柳川市、みやま市、田川郡赤村、田川郡香春町、田川郡福智町、田川市、直方市、
    鞍手郡小竹町、宮若市、古賀市、糟屋郡新宮町、
    大牟田市、鞍手郡鞍手町、宗像市、福津市

    (佐賀県市区町村)
    三養基郡基山町、鳥栖市、三養基郡みやき町、神崎市、神崎郡吉野ヶ里町、三養基郡上峰町、佐賀市、小城市

    (大分県市区町村)
    日田市

    (熊本県市区町村)
    山鹿市