福岡 行政書士 会社設立 飲食店開業

福岡・久留米・佐賀での会社設立・起業・開業のご相談は行政書士 安川法務事務所まで
      メールで相談する

外国人関連手続き
トップページ > 相続 > 相続時の不動産名義変更

福岡・久留米・佐賀 | 相続不動産の名義変更

【不動産所有者が亡くなったら】
土地・家・マンションなどの不動産を所有する方が亡くなった際には、
登記簿上の所有者名義をその相続人等に変更する必要が生じます。
この手続きを「相続登記」といいます。
しかしながら、相続登記には期限や義務が明確に定められておらず、
それ故に相続から何年、何十年経っても不動産の名義がそのままになってるというケースが珍しくありません。

【名義変更をしていない場合の問題点】
前述のとおり、土地・家・マンション等の名義変更には期限がありません。
ですが、名義変更をしていない場合、次のような問題になることがあります。
 ①不動産を相続しても売却、譲渡等することができない。
 ②不動産を相続してもそれを担保にお金を借りることができない。
 ③相続した土地や建物上で事業などを行おうとする場合にその許認可が下りない。
 ④相続した方が次に亡くなった場合、さらに手続きが複雑化してしまう。
 ⑤④の場合は当然その手続きに掛かる費用が大きくなり、期間も長く掛かっってしまうことになる。

以上のように、何も起こらなければ、また何もしようとしなければ
名義変更をしていないことによる問題には当面遭遇することがないかもしれません。
ですが、④⑤についてはいずれ必ず起こってしまいますので、
自分の配偶者や子供、孫に負担を掛けない様にするには、結局手続きは早い方が良いということになります。

  • 不動産名義変更の手続きについて

    【名義変更手続きに必要となる書類は?】
    土地・家・マンションなどの不動産の名義を変更するには、概ね次の書類が必要となります。
     ①亡くなられた方の戸籍謄本、除籍謄本など(出生から死亡までのもの)
     ②亡くなられた方の住民票の除票(本籍地が記載されたもの)
     ③法定相続人全員の戸籍謄本(現在のもの)
     ④不動産を相続される方全員の住民票
     ⑤相続不動産の固定資産税評価証明書(名義変更する年度のもの)
     ⑥相続関係説明図

    さらに、ケースによって次のものも必要です。
     ◎相続不動産の登記事項証明書
     ◎遺言書がある場合は「遺言書」(自筆証書遺言の場合には「裁判所の検認を受けたことの証明」も必要)
     ◎遺言書が無く、遺産分割協議をした場合は「遺産分割協議書」と相続人全員の「印鑑証明書」
     ◎必要書類の収集や名義変更の手続きを依頼する場合にはそれらに対応する「委任状」

    その他にも、遺言執行者の指定がある場合、特別受益者がいる場合、相続放棄した人がいる場合などでは
    別途必要となる書類が発生します。

    【不動産名義変更の費用について】
    不動産の名義変更に掛かる費用は、各種書類の収集費用と登記の際に必要となる登録免許税の2つです。
    もし書類の収集や名義変更手続きを専門家に依頼するのであればその報酬も必要です。
     ①戸籍謄本や除籍謄本など 1通300円~750円 × 必要数
     ②住民票や印鑑証明書など 1通300円 × 必要数
     ③登記事項証明書 1通600円 × 必要数
     ④登録免許税 不動産評価額 × 概ね1000分の4

    【当事務所の報酬について】
    不動産名義変更サポート 98,000円(税別)
    「印鑑証明書のご提出」と「書類への署名押印」をいただくだけのお手軽プラン!
    充実の基本サポート内容
     ・相続不動産の調査(登記事項証明書の収集)
     ・印鑑証明書を除く必要書類全ての収集
     ・戸籍謄本収集後の相続人調査(相続関係説明図の作成)
     ・遺産分割協議書の作成
     ・相続登記申請(パートナー司法書士が行います。)
    さらに、今ならご依頼者全員にもれなく
    「家系図」(A3和紙ツリー型 通常価格59,800円)をプレゼント!


    【追加料金について】
    次の場合には、報酬額の加算をさせていただきます。
     ◎相続不動産の管轄法務局が2箇所以上となる場合 ⇒ 1箇所あたり4万円を加算
     ◎相続不動産が3筆を超え、4筆以上となる場合 ⇒ 1筆あたり5千円を加算
     ◎不動産評価額の合計金額が3,000万円を超える場合 ⇒ 超過額に0.3%相当額を加算
     ◎法定相続人が3名を超え、4名以上となる場合 ⇒ 1名あたり2万円を加算
     ◎その他、上記基本サポート内容以外の業務が必要な場合 ⇒ 別途お見積額を加算

    【相続に関するその他の手続き対応】
    不動産のほか、車や預貯金など、また事業者であればその名義変更などにも対応しております。
    必要であれば別途お見積り致しますので、どうぞ遠慮なくお申し付けください。

    【ご依頼からの流れ】
    一応、業務対応エリアを掲載してはおりますが、当サポート業務は必ずしも面談等の必要がありませんので、
    全国への対応が可能となっております。
    お客様と当事務所のやりとりは、お電話、郵便、Eメールで全て完了致します。
     ①まずはお電話かメールをお願いします。
     ②費用のお見積りや手続きのご説明をさせていただきます。
     ③ご納得いただけましたら、着手金のお振込みをお願い致します。
     ④委任状のやり取りや必要書類の収集を行い、書類の作成等を実施します。
     ⑤作成した書類をお渡し致しますので、署名押印等をお願いします。
     ⑥パートナー司法書士が登記手続きを行います。
     ⑦名義変更完了後の登記事項証明書、権利証、手続きに使用した書類一式、プレゼント家系図などを
       お手渡しまたはご郵送にてお返し致します。
     ⑧不足金などが生じた場合の最終的なご精算をさせていただき完了となります。

    なお、ここまで概ね3週間~1ヶ月程度を要しますが、
    もしお急ぎの場合は早く完了する方法をご提案致します。

  • 土日祝、夜間でも全て私が対応します!

    お電話 0946-42-0496
    メールはこちらからどうぞ
    安川法務事務所では、相続における名義変更手続きを
    積極的に行っております。
    登記手続き自体は提携の司法書士が行います。
    間違いのない手続きは当然として、
    完了までのスピード、お客様の手続き負担軽減、
    明確な料金体系、そして故人を偲ぶ家系図のプレゼントなど
    他にはないサービスで多くの方に喜んでいただいております。

  • 業務対応地域(車で1時間未満のエリアを掲載しています。)

    (都道府県)
    福岡県、佐賀県、大分県、熊本県

    (福岡県市区町村)
    朝倉郡筑前町、筑紫野市、太宰府市、小郡市、三井郡大刀洗町、朝倉市、
    大野城市、春日市、福岡市南区、筑紫郡那珂川町、久留米市、うきは市、嘉穂郡桂川町、糟屋郡宇美町、糟屋郡須恵町、
    福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市城南区、福岡市早良区、三潴郡大木町、筑後市、八女市、八女郡広川町、
    朝倉郡東峰村、嘉麻市、田川郡添田町、田川郡糸田町、田川郡川崎町、田川郡大任町、飯塚市、糟屋郡志免町、
    糟屋郡粕屋町、糟屋郡篠栗町、糟屋郡久山町、福岡市東区、
    福岡市西区、糸島市、大川市、柳川市、みやま市、田川郡赤村、田川郡香春町、田川郡福智町、田川市、直方市、
    鞍手郡小竹町、宮若市、古賀市、糟屋郡新宮町、
    大牟田市、鞍手郡鞍手町、宗像市、福津市

    (佐賀県市区町村)
    三養基郡基山町、鳥栖市、三養基郡みやき町、神崎市、神崎郡吉野ヶ里町、三養基郡上峰町、佐賀市、小城市

    (大分県市区町村)
    日田市

    (熊本県市区町村)
    山鹿市